Mar 22, 2018

今年は風の年

” 風 " の年。

良きことも悪きことも、良き出来事と捉えるよう、微力ながら自分を精進させていきたいと思っています。

大河を流れる小枝のように...。

                                2018

column #20

Dec 03, 2017

雲の向こうの満月にBlack Candleで応えています

 記事今回の月はスーパームーン。昨日見た光輪にはブルーグリーンのリングが...!

 先日、太陽神から『パラダイムシフト』という言葉をいただき、日常から様々なサインがあるものだな...と感じています。パラダイムシフトは「あらゆる価値観が変容する」という意味です。

 《共食いから共存の時代へ》そしてその文面のあとに《△∞△》←ある方から引用させていただきました。はじめて見たとき「?」と思ったのですが...、しばらく考えて気づきました!△は”安定” ”完結” を示しますよね、2つの△は無限のマークで分けられています。僕なりの解釈は、「全く異なる考え方をする人達が、同じ時空で、同じ感覚を共有することなく、すれ違いながらお互いが存在し続ける」

 数ヶ月前より、調和共存の時代に突入したアセンションが起こっているという話はよく耳にしました。僕はそのとき ”調和” ということに考えてみても意味が分からずピンとこなくて、
感覚的にはハーモニーとも異なるし、融合とも異なるし...、とそんな感じで ”調和” がわからなかったのです...。

 でもこの△∞△の図式を見て、考えてるうちにハッとしたのです。例えば、理解したくないものは理解しなくても良いのではないかと思ってみたり、たとえ誰も理解することなく自分だけが信じている事を行動に起こしてみる選択も...!そんなことを考えている中、『パラダイムシフト』という言葉を太陽神からいただいたわけでもあります^^

 

 あらゆる価値観が変容するわけですから、皆さんも、もしかしたら欠点だと思って悩んでいる事が実はとっても素晴らしいことであるかもしれません。思っていた当たり前も違うかもしれないので、苦しみや嫌だと続く気持ちもあっという間に晴れるかもしれません。

 パラダイムシフト...、変化...、皆さんの身近にいい兆しや素敵な事がたくさん起こってくれるといいな、と思います♪

column #19

Oct 22, 2017

クリスタルパワー2675ヘルツ

台風が過ぎ去った後で風がとっても心地よかったです。

店内に風を入れて、
クリスタルの2675Hzパワーも充電できました!

心地いい太陽の光と風を感じてもらいましたよー。

column #18

Oct 18, 2017

香りで気分転換、不思議な魔力。

僕は仕事に入るときはCHANELのNo.5の軽いものを使用しています。

理由は、
ココシャネルの強さからくるのか、香りからピンと一筋、集中力が増すんです。

携帯タイプのを使っていて他にも安かったら買ってしまい空きビンがゴロゴロ...。
今回はネオンイエローのシャネルフレグランスを作ってみて(薄めて)
シャレでいま飾ってみています。笑

家ではボルドーワインの香りのするルームフレグランスをリビングに使っていて、
こうやって香りでオンとオフを切り替えています。

おうちで心地よく過ごすために、
どうもよどんだ感じがする場所や風水的に気になる場所があったら、
スプレールームフレグランスを軽くしてみると、効果抜群ですよ!

column #17

Oct 13, 2017

おすすめの海外ドラマ ONCE UPON A TIME

馴染みの深いディズニーキャラがたくさん登場する不思議なストーリー。
僕はシーズン1から4をすべて見たのですが、

Amazonプライムで無料鑑賞できるようになって再び観直している最近です。
夢と希望、時空を超えた面白さがナイスです☆

column #16

Sep 22, 2017

Dr.pepperからシリカ水へ

カラーに入る度に必ず飲んでいるDr.ペッパー。

果糖が脳に吸収されてフル回転、集中力も増すので、多い時だと1日に10本は空けてしまうんです。

シャーベット状までキンキンに冷えたものが最高に果糖効果大なので気に入っています。笑


この夏は美容系のシリカ水をサロンに取り入れてもらったので体調も肌も良好でした!


食事をすべて自然食でここ3年きているので、この秋はそろそろDr.ペッパーの果糖摂取を控え、

水の摂取で腎臓と肝臓に溜まったケミカルな成分をきれいに排出してくれるといいな〜と期待。


じつは今後の計画の中に、”自然食品傾向はすべて水耕栽培でまかなう”という自給自足プランもあるのです。

アレルギーやカビやバイ菌が発生しないので本来の健康体になるはず...。
いつになることやら...ですが(´・_・`)

column #15

Sep 21, 2017

☆人生は楽しむためにある☆

タイトル、これは僕の座右の銘です。

今回は少しおかしな文脈のコラムとなりそうです...。笑
点と線を結びつけてもらえたら幸いです。

・・・・・・・・
ほんの70年ほど前、日本は終戦を迎えました。
私の祖父は3分の1の確率で南京より無事日本に帰国することができ、いま私の命は存在しています。
そして今、世界中は戦争と表裏一体の状態にあります。

戦争が起これば全てが変わります。

孫社長は「インターネットを凌駕したAI同士のコミュにネーションが現実となる。」と宣言し、

取り巻く環境が大きく変化していくのを感じています。

日本の上をミサイルが飛び交う中にあって、今更ドイツのメルケルは漁夫の利を得るべく

奇策を打ってきました。日本の横にEUが存在する可能性を示唆しています。

私達にとって身近でないこれらの出来事が大きく環境を変えることになるかもしれません。

今日私は立ち、愛するものを守るため、ただ歩きます。
ただ愛するもののために進むだけです。

私の目に届かない所で苦しまれている方々の所に、光の風が届くことを強く願います☆

ヘアスタイリストとしての表現の僕としては、
美しいものを捉えることのできる力を与えてもらった事をヘアという形で提供できる事に喜びを感じます。

なんて、大局を見、考え感じる事、
身近で精一杯できる事、などなど進めている次第ですが...!
次回からはもっと軽いコラムにしていきます〜。笑

最後までお読み頂きありがとうございました。
人生を楽しんでください☆

column #14

Sep 15, 2017

宇宙の序列と人間の立ち位置

16日から3日間、1年に1度ということもあり、
それに向けての準備も長い間かけ、
とても大切な所へ行かなければならなかったのですが、
残念ながら挫折です。
今日の日を目指し、かなりの努力をしてきたので
悔やむ気持ちも大きく鈍い思いも正直なところ...。

断念しきれずも有り...。

今回の決断には訳もあるのです。

前日の猛スピードで準備を整えた後、深夜の運転になるので出発前に仮眠をとっている時、
強烈な発熱に見舞われ(今までになく経験したことのない頭の痛みも...)
そしてさらに台風という自然の脅威が予測不能に迫ってきていました。

準備万全のところに出発直前の異常な発熱...、
これはなにかのサイン,,,?

大いなる自然の力に敬意を払い、今年最大の楽しみに中止の決断。
そんな経緯でした。

さらに睡眠をとった際の朝方のメッセージは「命の値段」でした。

本当に守りたいものがある時、
本当に自分が守りたいものを守る時が、
この先たくさん起きるのかもしれません。

言葉では伝えきれていないのですが、
すべてが凝縮して感じ取れる体験であったかと思います。

そんな体験を機に、僕が沢山の方に聞いてもらいたい言葉、
それは「天は人の上に人を造らず、人の下に人を造らず」
この福沢諭吉の言葉と、「職に貴賎(キセン)なし」
後者は誰の言葉だったかは記憶にありません...。。

社会・仕事に徹してみて思うことは多く、
いろいろな方が自身の環境で戸惑いや辛い思いをして、それぞれの職務に

自分の時間を費やしているかと思います。
そんな中、こうした大いなる自然の脅威に逆らうことも人間はできません。
ただただ無事に、それぞれ皆さんが笑顔になれる事・大切な家族との

笑顔の空間があるといいな...と思います。

努力されている皆さんのその先に、喜びと笑顔と希望が訪れる事を心から願っています。
そんな想いが溢れる本日でした!
みなさん良い3連休をお過ごし下さい^^

◯写真は7月の標高の高い山から見た空。なんだか大いなる動きを感じますよね〜。自然に敬意ですね〜

column #13

Sep 07, 2017

Ridardo Villalobos ☆Part Ⅱ

最近の彼はこんな感じ。

また写真ClickでYoutubeにとべるようになってます♪

column #12

Sep 04, 2017

My favorite music リカルド・ヴィラロボス

クリックハウスクリエーターのゴットファーザー。
新しめの曲はさらにチャレンジを試みていますが、ベーシックなこの辺りが彼らしいです。

このデジタル世界において、いまだにアナログOnly☆ Very cool☆

内装を作っていたり掃除など、
とくに大掛かりなDIYをしている時に調子が乗ってくるとかけるmusicです^^

(☆今日の朝もかけてたヴィラロボス君をリンクしてみました!!)

写真をクリックするとyoutube画面にとべますよ〜。よかったらどうぞ!! 笑

column #11

1 / 2

Please reload